読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noizecehiのブログ

noizecehiのブログです

【ネタばらし】テイルズオブデスティニー2雑感

今日は「ですます調」で書いてみます。

テイルズオブデスティニー2」についてネタばらししています。あと思いっきり私の主観が入っています。

 

先月からPSP版「テイルズオブデスティニー2」をプレイしています。「テイルズオブデスティニー」の続編です。

もう3周目なのでストーリーは大体わかっているんですけど、加齢のせいか1周目(およそ9年前)・2周目(およそ3年前)の時には

気にならなかったことが気になってくる(イライラする)ようになりました。

 

それは「主人公のカイルってものすごく勝手じゃない?」ってことです。

 

どういうことかといいますと、

10年後にタイムスリップしたカイルと仲間が現代に帰ってきたところで、

エルレイン(敵)によって歴史が変えられていることに気づきます。

{世界全員が信仰している神団によって街も人々の人生も管理されている}

そんな世の中になっている。

 

そこでカイルと仲間が「歴史を元に戻そう」って決めるんですけど、

仲間のうちのひとりであるジューダスは「もともとの歴史を変えること自体がいけないことだから元に戻そう」っていうスタンスであるのに対して、

カイル(とナナリー)は「元の現代の人たちの方が、エルレインが歴史に介入した後の現代の人たちより幸せなはずだから元に戻そう。」

っていうスタンスなんですよ。

すくなくとも私はそう解釈しました。

 

でもですね、歴史改変後の世界の住人たちはそれはそれで幸せそうに描かれているんですよ。

ドームで覆われた街の外に出なければ危険な目に遭うこともないし、生活に必要なものはエルレイン様が与えてくれる。

 

そこで私はこう思うんですよ。「元の現代の人たちの方が、エルレインが歴史に介入した後の現代の人たちより幸せなはずだ。」ってそれはお前の主観じゃ

ねえの? と。

 

いや、そんなこと言ったらジューダスの「もともとの歴史を変えること自体がいけないことだ」っていうのもまあ人によってはそう思わないだろうし、

(別の作品ですがドラえもんだって歴史を変えるためにのび太の前に現れたわけですけれど、見る側もそこは突っ込んでる人はあんまりいないですし。)

テイルズオブデスティニー」をプレイしたことがある人にしてみればジューダスの主張はつまり

「俺の大好きなスタンたちが頑張って活躍したことをなかったことにされるのは嫌」

っていう風に解釈することも可能だからまあそれも主観なんですけど、

じゃあなんで私がカイルの主張が気に入らないかっていえば、「他人の幸せをお前が決めるな」ってことなんですよ。

そこが見ていてイライラする。

 

そんな私の気持ちを読んだかのように仲間のうちの一人であるリアラが言うんですよ。

「でも、これはこれで(歴史改変後の世界の人たちは)幸せなのかもしれない。」って。

 

それを聞いた私は「よく言った!」って思うんですけど、リアラはカイルが強く主張すると反対できないんですね。

カイルが「そんなことない!」って言って、リアラも「そうよね・・・。」って感じで特に反発はしない。

 

で、さっき書いたとおりジューダスも歴史は元に戻したい系男子なので結局「歴史をもとに戻すために頑張ろう」ってなって話は進んでいくんですけどね。

(もうひとりロニっていう仲間がいるんだけど、こいつはどう思っているのかよくわからない。基本的にはカイルに同調しているのかな。)

 

まあそこで話は進んでいくんで私もまた普通にストーリーを進めていくんですけど、

そのあとで主人公たちが過去の世界に行ったときにまたひとり仲間が増えるんですよ。

 

ハロルドです。

 

ハロルドは偉大な功績を残したので現代人であるカイルたちも知っている有名人です。

それでなんやかんやあるんですけど、過去の世界でカイルたちが参加した戦争

(歴史を元に戻すために参加しているんだけどそれはそれでお前たちも歴史変えちゃってるだろ)でハロルドのお兄ちゃんが

亡くなるんですね。現代から来たカイルたちはそれを知っている。

 

それでカイルはハロルドにもハロルドのお兄ちゃんにも情があるのでハロルドのお兄ちゃんが亡くなるのを阻止しようとするんですよ。

ハロルドにも言っちゃう。(追記。はっきり言うのはバルバトスだった。)

 

・・・。

いや、それお前のワガママじゃね?

 

もうここでカイルのあまりのダブスタぶりに「キー!!」ってなる。

 

私は偏差値29のふとっちょなので「キー!!」ってなるだけなんですけど、そんなカイルに対して天才ハロルドは毅然と返します。

「自分に都合の悪い歴史を変えるのってお前が倒そうとしてる敵のやってることじゃん。」て。

これは一言一句正確に書いているわけじゃなくて(この投稿のほかのセリフも)ハロルドはこんな口調じゃないんですけど言ってることはこういうことです。

 

よかった。ハロルドさんちゃんと言ってくれてよかった。まあハロルドのお兄ちゃんは亡くなっちゃうので私もそこはやっぱり悲しいんですけど。

そんなこんなでいろいろあってまあラスボス倒して世界は平和になるんですけどね。

 

総じてロールプレイングゲームの主人公は最初は未熟で、ストーリーが進んでいく中で大人になっていくんですけど、

(その点主人公じゃないウッドロウはすごいよな。最初から最後まで大人だもん。)

カイルは勝手すぎる。親の顔が見てみたいわ。

 

というわけで早くプレステ本体を買い直してもう一回デスティニー(2じゃない方)やりたいです。リオンサイド面白いよね。

 

あと、以前は気にならなかったことでイライラするの、嫌ですね。