noizecehiのブログ

noizecehiのブログです

舞台「けものフレンズ」感想

6月17日(土)の舞台「けものフレンズ」昼公演を見に行ってきました。
以下に感想や考えたことを思いついた順に並べていきます。
テレビアニメ版と舞台のネタバラシありです。
 
・いつ頃の話なのか
 ステージの両脇に掲げられていた地図を見るかぎりでは【きょうしゅうエリア】内っぽいし、
 サーバルちゃんの様子からしてもかばんちゃんと出逢う前(テレビアニメより前)のお話だと思う。
 でも3代目ぺパプが既に結成されているので、テレビアニメ第8話の「お披露目」の一年以上前の話ではないはず。
 
・ボスが自力走行していない
 今回の舞台では黒子がボスを動かしていました。予算(費用対効果)やスケジュールの都合でそうしたのだと思うんだけど、
 でもそれにより「2017年の技術ではボスを自力走行させられない(※)=けものフレンズは未来のお話」感をより感じることができました。
 ※実際にはできますが
 
・テレビアニメ版との決定的な違い「かばんちゃんが出てこない」
 テレビアニメ版はヒトのフレンズであるところのかばんちゃんが人以外の動物のフレンズと出逢う旅を描くことにより、
 「ヒトとヒト以外の動物の違い」を浮き彫りにするという面も持つ作品になっていましたが、今回の舞台はかばんちゃんが出てこないので
 純粋に動物たちのドッタンバッタン大騒ぎを描く楽しいお話になっていました。
 
・ぺパプが2グループに分かれる
 テレビアニメ版でのぺパプはプリンセスが自ら孤立してしまうシーンがあるとはいえ、基本的には5人いっしょ!のイメージが強かったのですが、
 今回の舞台ではやたらと「プリンセス&コウテイ」ペアと「イワビー&フルル&ジェーン」トリオに分かれて行動するシーンが多かったです。
 プリンセスとコウテイはぺパプを引っ張るリーダーでありシリアスシーン担当、ほか3人はムードメーカー担当という感じでした。
 これは新鮮で面白かったです。
 
公演前に発表されたキャスト一覧を見たときは、テレビアニメ版に出てきた【考えるのが得意(そう)なフレンズ】がいないので、
どんな話になるんだと思っていましたが、笑いどころもあり(チケット入手のくだりとかテープ入れ替えのくだりとか)、
努力!友情!勝利!の要素もある楽しい舞台でした。アライさんとフェネックもよかった…。
あとAKBファン的には「萌乃、頑張ってるね…。よかった…。」な舞台でした。
またテレビアニメ版を見返そうかと思います。

【ネタばらし】テイルズオブデスティニー2雑感

今日は「ですます調」で書いてみます。

テイルズオブデスティニー2」についてネタばらししています。あと思いっきり私の主観が入っています。

 

先月からPSP版「テイルズオブデスティニー2」をプレイしています。「テイルズオブデスティニー」の続編です。

もう3周目なのでストーリーは大体わかっているんですけど、加齢のせいか1周目(およそ9年前)・2周目(およそ3年前)の時には

気にならなかったことが気になってくる(イライラする)ようになりました。

 

それは「主人公のカイルってものすごく勝手じゃない?」ってことです。

 

どういうことかといいますと、

10年後にタイムスリップしたカイルと仲間が現代に帰ってきたところで、

エルレイン(敵)によって歴史が変えられていることに気づきます。

{世界全員が信仰している神団によって街も人々の人生も管理されている}

そんな世の中になっている。

 

そこでカイルと仲間が「歴史を元に戻そう」って決めるんですけど、

仲間のうちのひとりであるジューダスは「もともとの歴史を変えること自体がいけないことだから元に戻そう」っていうスタンスであるのに対して、

カイル(とナナリー)は「元の現代の人たちの方が、エルレインが歴史に介入した後の現代の人たちより幸せなはずだから元に戻そう。」

っていうスタンスなんですよ。

すくなくとも私はそう解釈しました。

 

でもですね、歴史改変後の世界の住人たちはそれはそれで幸せそうに描かれているんですよ。

ドームで覆われた街の外に出なければ危険な目に遭うこともないし、生活に必要なものはエルレイン様が与えてくれる。

 

そこで私はこう思うんですよ。「元の現代の人たちの方が、エルレインが歴史に介入した後の現代の人たちより幸せなはずだ。」ってそれはお前の主観じゃ

ねえの? と。

 

いや、そんなこと言ったらジューダスの「もともとの歴史を変えること自体がいけないことだ」っていうのもまあ人によってはそう思わないだろうし、

(別の作品ですがドラえもんだって歴史を変えるためにのび太の前に現れたわけですけれど、見る側もそこは突っ込んでる人はあんまりいないですし。)

テイルズオブデスティニー」をプレイしたことがある人にしてみればジューダスの主張はつまり

「俺の大好きなスタンたちが頑張って活躍したことをなかったことにされるのは嫌」

っていう風に解釈することも可能だからまあそれも主観なんですけど、

じゃあなんで私がカイルの主張が気に入らないかっていえば、「他人の幸せをお前が決めるな」ってことなんですよ。

そこが見ていてイライラする。

 

そんな私の気持ちを読んだかのように仲間のうちの一人であるリアラが言うんですよ。

「でも、これはこれで(歴史改変後の世界の人たちは)幸せなのかもしれない。」って。

 

それを聞いた私は「よく言った!」って思うんですけど、リアラはカイルが強く主張すると反対できないんですね。

カイルが「そんなことない!」って言って、リアラも「そうよね・・・。」って感じで特に反発はしない。

 

で、さっき書いたとおりジューダスも歴史は元に戻したい系男子なので結局「歴史をもとに戻すために頑張ろう」ってなって話は進んでいくんですけどね。

(もうひとりロニっていう仲間がいるんだけど、こいつはどう思っているのかよくわからない。基本的にはカイルに同調しているのかな。)

 

まあそこで話は進んでいくんで私もまた普通にストーリーを進めていくんですけど、

そのあとで主人公たちが過去の世界に行ったときにまたひとり仲間が増えるんですよ。

 

ハロルドです。

 

ハロルドは偉大な功績を残したので現代人であるカイルたちも知っている有名人です。

それでなんやかんやあるんですけど、過去の世界でカイルたちが参加した戦争

(歴史を元に戻すために参加しているんだけどそれはそれでお前たちも歴史変えちゃってるだろ)でハロルドのお兄ちゃんが

亡くなるんですね。現代から来たカイルたちはそれを知っている。

 

それでカイルはハロルドにもハロルドのお兄ちゃんにも情があるのでハロルドのお兄ちゃんが亡くなるのを阻止しようとするんですよ。

ハロルドにも言っちゃう。(追記。はっきり言うのはバルバトスだった。)

 

・・・。

いや、それお前のワガママじゃね?

 

もうここでカイルのあまりのダブスタぶりに「キー!!」ってなる。

 

私は偏差値29のふとっちょなので「キー!!」ってなるだけなんですけど、そんなカイルに対して天才ハロルドは毅然と返します。

「自分に都合の悪い歴史を変えるのってお前が倒そうとしてる敵のやってることじゃん。」て。

これは一言一句正確に書いているわけじゃなくて(この投稿のほかのセリフも)ハロルドはこんな口調じゃないんですけど言ってることはこういうことです。

 

よかった。ハロルドさんちゃんと言ってくれてよかった。まあハロルドのお兄ちゃんは亡くなっちゃうので私もそこはやっぱり悲しいんですけど。

そんなこんなでいろいろあってまあラスボス倒して世界は平和になるんですけどね。

 

総じてロールプレイングゲームの主人公は最初は未熟で、ストーリーが進んでいく中で大人になっていくんですけど、

(その点主人公じゃないウッドロウはすごいよな。最初から最後まで大人だもん。)

カイルは勝手すぎる。親の顔が見てみたいわ。

 

というわけで早くプレステ本体を買い直してもう一回デスティニー(2じゃない方)やりたいです。リオンサイド面白いよね。

 

あと、以前は気にならなかったことでイライラするの、嫌ですね。

 

 

 

 

解散した(活動していない)ミュージシャンの曲を聴けない

 基本的にビーイングオタクなので、普段はビーイング系ミュージシャンの曲を聴くんだけど、

その中でも解散した(活動していない)ミュージシャンの曲を聴けない。

 

「なんでこんないい曲を作るバンドが解散してしまったんだ…。」と思って

切なくなるから。

 

でも最近は聴けるようになったものもあるので、整理して以下に書いてみる。

 

the FIELD OF VIEW・・・基本的に聴けない。オムニバスアルバムに入っている曲なら流れで聴ける。単独のアルバムは聴けない。

GARNET CROW・・・10thアルバム<Terminus>は聴けない。「これで解散」感が強いから。ほかは聴ける。

小松未歩・・・普通に聴ける。「まだ正式に引退を宣言したわけではない」という希望を持っているからだと思う。

ZARD・・・一番聴けないと思いきや(活動できない状態になったのがあまりにも突然だったし、

おそらくだけど本人の意思と関係なくそうなってしまったので)聴ける。

「坂井さんは俺たちの心の中にいる・・・」と思えるからだろうか。

 

PAMELAHZYYGBAAD・・・聴ける。解散した後で好きになったので「解散することを知った時の悲しみ」がないからだと思う。

あとWANDSも解散した後で好きになったんだけど、<Brand New Love>と<雲が流れる方へ>は上記のとおり聴くとめちゃくちゃ切なくなる。

 

あらためて書き出してみると聴けないのはGARNET CROWの10thアルバムとthe FIELD OF VIEWだけだ・・・。

これはおそらく「解散時にファンだった」っていう理由が大きいかな。

GARNET CROWはフラグを事前に立てていたのである程度解散の覚悟はできていた。)

WAGに関しては、聴くたびに「なんでこんな(以下略)」と思うんだけど「あれはしゃーない。ビーイング全盛期じゃなかったし。」と思える。

 

DEENは普通に聴いている(解散していない)。

 

とりあえず小松未歩に関しては何らかのメッセージを出してほしい。「もう新曲は出さない。」でもいいから。

 

坂井さんお誕生日おめでとうございます。

 

小松未歩ベスト~once more~

小松未歩ベスト~once more~

 

 

自己紹介

こんにちは。

noizecehiです。

これからたまにはてブロに

投稿しようと思います。